外壁塗装で見違えるようなきれいな外壁が実現

新品のような見違えるほど綺麗な外壁に

30年ほど前に平屋の社宅の外壁塗装を依頼新品のような見違えるほど綺麗な外壁にプロのアドバイスで外壁の色選びも大成功

でもさすが業者の方はプロの目線で実際的なアドバイスして下さり、私がカラーを選ぶ際に失敗して後悔することにならないよう、サポートして下さったのです。
それで、屋根や周囲との調和など細かな点にも配慮しながら、最終的に明るめのピンクに決定することができました。
塗装工事が終了して、実際に外壁塗装をした後の外壁を見た時の感動は今でも忘れることができません。
さすがにプロの仕事だと感心すると同時に感動したのを今でもはっきりと覚えています。
その出来上がりを見て最初に感じたことは、目の錯覚とも言える現象の影響があるということです。
その点については、外壁塗装の工事を依頼し塗料の色選びをする段階で、業者の方から十分な説明を受けました。

色を選ぶ時点では、小さな色見本を見せてもらい、それに基づいて色を決めるということでした。
確か十センチ四方程度の比較的小さな見本だったと記憶していますが、その色見本を見た時には比較的薄いピンクに見えたのです。
ところが、家全体となると同じ色でも色味を強く感じるということがあるため、色見本を見ている時よりも濃く感じるということを考慮に入れた上で決定するとよいとのことでした。
塗装業者の方に聞いてみましたところ、明るい色の場合、小さな面積で見た時と比べて、大きな面積で見るとより一層明るく見えるとのことでした。